育児情報

車に赤ちゃんを乗せるなら貼っておきたい!ベビー用ステッカーオススメ特集

megumi
megumi
こんにちは、Megumiです。
「BABY IN CAR」や「赤ちゃんが乗っています」など書かれたステッカーを貼った車を目にしたことはありませんか?

周りの車に赤ちゃんが乗っていることを知らせることができるステッカーに安心感を感じるママやパパも多いと思います。

私も車は毎日運転するので、ベビー用ステッカーを貼っています。

このステッカー、せっかく貼るなら自分の気に入ったものを貼りたいですよね!

本記事では、オススメのベビー用ステッカーの紹介と、ステッカーを貼る位置や剥がし方などを説明します。

本記事はこんな方にオススメ

✅ベビー用ステッカーを検討している

✅ベビー用ステッカーとは何?

✅ステッカーを買ったけど貼る場所に悩んでいる

 

ベビー用ステッカーとは?

ベビー用ステッカーは周りの車に「赤ちゃんを乗せて運転しています」ということを知らせるためのものです。

赤ちゃんを乗せて運転している場合、いつも以上に慎重な運転になりますよね。

自分の前を走る車がゆっくり運転だと気になる方もいるかもしれません。
そんな方々もステッカーの存在に気づき、ゆっくり運転な理由がわかると少しは納得してくれるかな?と思います。

万が一事故に巻き込まれてしまい自分が意識不明になった場合に「赤ちゃんが乗ってます」ということを周りに知らせてくれるメリットもあります。

貼る場所

貼っていい箇所・ダメな箇所があります。

  • リアウインドウガラス
  • 後部サイドウィンドウガラス
  • トランクの扉の部分
  • フロントガラス
  • 運転席や助手席のウィンドウガラス
  • ライトやナンバープレート

後方の車に「赤ちゃんが乗っています」ということを知らせたいので、リアウィンドウに貼っている車を多く見かけます。

ステッカーを貼る期間

特に決まりはありません。

成長に合わせて「ベビー用ステッカー」から「キッズ用ステッカー」に切り替える方もいます。

ステッカーを貼っていることでママやパパが少しでも安全運転できるなら、貼っておくとよいですね。

megumi
megumi
我が家では、3歳まではベビー用、それ以降はキッズ用ステッカーに切り替えようかなと思っています

 

種類

①シールタイプ

ベビー用ステッカーはいくつか種類がありますが、よく目にするものはシールなっていて「ペタッ」と貼るタイプです。

雨風にも負けないくらい耐久性のあるものが多いですが、剥がすのが少し大変だったりします。

剥がす時は車体やガラスを傷つけないよう、シールをはがすための液体を準備したりしながら慎重に行ってください。

<メリット>

  1. デザインが豊富
  2. 雨風にも負けない

<デメリット>

  1. 剥がすのが大変
  2. 剥がすのに失敗した場合、車体やガラスに跡が残ってしまう可能性も

②吸盤タイプ

リアウィンドウの内側から吸盤でくっつけることができます。

吸盤だと簡単に取り外しできるので、赤ちゃんが乗っている時だけ付けることも可能です。

長く使っていて吸盤が弱ってくると、つけてもすぐに落ちてしまったりするの面もあります。

他のステッカーと比べると、ガラスや車体に傷がつきにくいというメリットがあります。
車体には何もつけたくないというご家庭におすすめです。

<メリット>

  1. ガラスや車体を傷つけずに貼ることができる
  2. 付け外しが簡単
  3. 内側に貼るので盗難されにくい

<デメリット>

  1. 長期間使う場合だと吸盤が弱る可能性も
  2. ガラス越しなのでステッカーが見えづらい

③マグネットタイプ

マグネットタイプの一番良い点は、吸盤タイプと同じようにつけ外しが簡単なところです。

ただし、最近の車のボディは軽量素材のためマグネット非対応が増えています。
ご自身がお持ちの車がマグネット対応か確認されてからご購入することをオススメします。

<メリット>

  1. トランクの扉にも付けることができる
  2. 付け外しが簡単

<デメリット>

  1. マグネット非対応の車の場合は付けられない
  2. 取り外しが簡単なので盗難される可能性もある

 

オススメのステッカー

①【Baby in the car】ひつじ柄

  • シールかマグネットか選べます!
  • 価格:1,780円

発色の良いカラーバリエーション。
18色から選べるのも嬉しい!

ひつじ以外にも、たくさんの動物柄を販売されています!

キリン柄

ゾウ柄

ひよこ柄

②女の子が手を振るキュートなタイプ

  • シールタイプ
  • 価格:580円(税込)

見た目も可愛く、お値段もお安くて家計に優しいです。

③種類豊富な赤ちゃんステッカー

  • シールタイプ
  • 価格:380円(税込)

家計に優しいお値段で、種類も豊富です。

紫外線に強いタイプなので長持ちしそうですね!

赤ちゃんの他にも「おじいちゃん、おばあちゃんが乗ってます」のステッカーもありました。

 

④【BABY IN CAR STICKER】ひし形タイプ

  • 吸盤タイプ
  • 価格:510円(税込)

赤ちゃんの他にも、動物柄もあるので種類が豊富!

色も黄色なので目立つこと間違いなしです。

⑤成長に合わせて長使える!スヌーピーの吸盤ステッカー

くるっとまわして「BABY IN CAR」から「CHILD IN CAR」に変えられる仕様です。
上下2つの吸盤で中から取り付けられます。

  • 吸盤タイプ
  • 価格:1,078円(税込)

ベビーの時期から過ぎたらキッズ用のステッカーに切り替えが可能なタイプ。

長く使えるので重宝しそうですね。

吸盤も上下2つに付いているので安定します。

⑥槌屋ヤック ベビーサイン(TS-276)

  • 吸盤タイプ
  • 価格:650円(税込)

キュートなデザインが特徴的な角型タイプです。

⑦ライトに反射!マグネットステッカー

  • ステッカータイプ
  • 価格:527円

暗闇で光る反射ステッカーは、光をあてると白い部分が反射します。

ベビー用以外にも、ドラレコ・ドライブレコーダー録画中もあるので合わせて貼るのも良いですね。

⑧わんちゃん好きに!イラストレーターShihoさんデザイン

  • マグネットタイプ
  • 価格:1,078円

おすわりした赤ちゃんと子犬のイラストがデザインされた、マグネットパーク限定オリジナルデザインの車マグネットステッカーです。【イラストレーター:(C)shino】

⑨柔らかい雰囲気が可愛い!マグネットステッカー

赤ちゃんにぴったりのやわらかな色合いがかわいいマグネットパーク限定オリジナルデザインのBABY IN CARステッカーです。

価格は以下すべて1,078円(税込)

丸型

四角

うさぎとカラフルなたまごデザイン

赤ちゃんペンギンさんのイラスト

 

我が家の場合

megumi
megumi
私の車はダイハツのキャンバスです。
マグネット非対応なので、リアウィンドウにシールを貼っています。

使用しているのはこちら。
minneで購入したシールタイプです。

実際に車に貼るとこんな感じ

大き過ぎず、小さ過ぎずイイ感じ◎

大手ECサイトで好みのデザインがない場合は、minneメルカリなど個人で活動されているイラストレーターさんから購入するのもオススメです!

 

ステッカーの綺麗な剥がし方

シールタイプのステッカーを剥がす場合の手順です。

用意するもの
  1. 温めたタオル
  2. ゴムやプラスチック製のヘラ
  3. ドライヤー
  4. ステッカー剥がし剤
  • STEP1
    温めたタオルを準備
    ステッカーを貼っている場所を温めます。
  • STEP2
    ステッカーを剥がす
    十分に温まったら、接着面とステッカーの間にゴムやプラスチック製のヘラを入れた後、端からゆっくり動かしていきます。

    ドライヤーを使って温めながらすると、途中でステッカーが切れにくく、きれいに剥がしやすくなります。
  • STEP3
    仕上げ

    ステッカーをすべて剥がし終えたら、粘着の跡を綺麗にします。

    1. 窓ガラスにステッカーを貼っていた場合
      アルコールなどを使用することで粘着の跡や汚れを落とすことができます。
      粘着の跡を落とす前に、少しアルコールをつけておくと粘着の跡や汚れが取れやすくなり、擦る回数を減らせます。
    2. ボディにステッカーを貼っていた場合
      お湯に浸したタオルなどを使い、2〜3分を目安に温めると粘着の跡や汚れが落ちやすくなります。温めた後はタオルで拭き上げます。

接着した糊が残っている場合は、ステッカー剥がし剤を併用すると粘着の跡が落としやすくなります。

一人で作業する場合は、先に接着面をドライヤーの温風で温めた後、少ししたらヘラでステッカーの跡を落とすのがオススメです。

 

まとめ

こう見ると様々な種類やデザインのステッカーがありますよね。

赤ちゃん用ステッカーは、周囲の車に赤ちゃんが同乗していることを知らせるステッカーです。「必ず付けなければならない」というものではありませんが、周囲の理解と安全運転を促したいときに重宝します。

ステッカーの種類は、シールタイプ・マグネットタイプ・吸盤タイプの3種類です。「貼りっぱなしか、取り外す機会があるか」「車のボディの素材は何か」などをよく考え、ご自身の家庭にあったものを選ぶと良いです。

ABOUT ME
Megumi
フルタイムIT企業会社員(クリエイティブ職)で1歳男の子ママです。 当ブログ は「妊娠・出産・子育て」をメインに情報を発信しています。 福岡の田んぼで囲まれた田舎で子育て奮闘中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA